大阪府のブライダルエステ

注目! Pick UP!

結婚式

これから結婚式を迎えるアナタへ贈る・・・

一生で一番幸せな日、結婚式。そんな人生の晴れ舞台では完璧で最高の自分を演出したいと思うのは女性なら当然のことです。そんな女性の願いや希望を叶えてくれるのがブライダルエステです。当サイトの情報が皆様にとって少しでも参考になれば幸いです。

ブライダルエステ最新人気ランキング <更新日>

第1位 エルセーヌ 組み合わせが自由に決められる!エルセーヌ
有名芸能人も痩せたダイエットプランと顔のしみやくすみにお悩みの方向けの光フェイシャルコースが人気のエルセーヌ。コースの回数分に合わせて自分でプランを決められるブライダルエステです。
第2位 ミスパリ 結婚式に向けてダイエットするならミスパリ
ダイエットに関しては業界でもトップクラスの技術力を持つミスパリ。結婚式までにいまよりも少しでも細くて綺麗な身体になりたいとお考えの新婦さんにおすすめです。
第3位 ヴァン・ベール ブライダルエステ専門サロン ヴァン・ベール
現在、関西地区では大日店のみですが、全国で32店舗以上のブライダルエステ専門サロンとして人気NO1!挙式直前の1dayコースやおめでた婚の新婦さんに向けたマタニティコースまでプランが充実!
第4位 ソシエ 二の腕から下が気になる方へ!ソシエ
胸元から腕にかけて外に出すウェディングドレスを着ることで普段は目立たなかった二の腕や手のむくみが気になる方は多いです。ソシエは独自のアーム&ハンドコースが用意されています。
第5位 たかの友梨 挙式準備でお疲れの方におすすめ!たかの友梨
芸能人のCMでもおなじみのたかの友梨。エステとしての歴史の長さからサービスも充実しているが、その中でも一か月かけて挙式前の疲れを取り除くエメラルドコースが人気となっています。

みんなの結婚体験談

誰を招待するかで悩みました

結婚式の準備で一番大変だったのは、 招待する人を選ぶことです。 もともと妊娠が分かってからのバタバタ婚だったので、 結婚式を行うつもりはなかったのですが、 両親が一生に一度だから式だけでも挙げなさい、と 言ったので、しぶしぶ、という形で準備を始めました。 結婚式と食事会という形にしました。 式場は雑誌などでわりと早く決まったのですが、 誰を招待するか、ということでとても悩みました。 私はもともと双方の両親や兄弟だけで十分だと思っていました。 しかし、私の父が親戚を呼びたがったのです。 父の兄弟が2人いるので、その二人の夫婦4人を招待することにしました。 母の兄弟は全部で5人いるので、一気に増えてしまいます。 主人の親戚と新婦側である私の親戚の数は圧倒的に 私のほうが多かったのです。そうすると、主人の両親などに プレッシャーを与えてしまうのではないかと思い、 母方の親戚は呼ばないことにしました。 結局、主人の両親が親戚一同を呼んだので、 主人のほうの親戚のほうが多くなりました。 準備を早く終わらせるには、やはり式場の担当スタッフの方に 協力いただくのが一番だと思います。

招待状作成はつらいよ

テーマパーク婚を行いながらも安くあげたかった私たちは自分たちで紙類を準備しました。 必要だったものはパーク入園のためのチケット、軽食を食べるためのチケット、園内の移動用パスポート、そして招待状とそれに同封するハガキでした。 招待客は50人くらいだったため、これらをアレンジ会社に頼むとなると非常に高くなる計算(1種類一枚カードを作ると150円、一式750×50人分で37500円にもなる!)だったため、自分たちで準備すれば安いよね…と準備したのが大変でした。 それぞれについて、もちろん文字だけの適当なものでもよかったのですが、やっぱりどうせなら可愛いデザインにしたい!という気持ちがあり、それぞれについて様々なサイトをみて、デザインを考えるのに一週間程度、そこからデザインに合わせた紙類、文具類を買いに行きました。 印刷するのは自動でプリンターが行ってくれましたが、シンプルなデザインにエンボッサーで飾りをつけようと思っていたのですが、これが非常に時間がかかりました。 もちろん全部で10000円くらいと安くはすみましたが、やり方を間違えると二人の関係悪化にもなりかねない事態になることは想定した方がよいかもしれません。

結婚の準備で大変だったこと

結婚の準備で大変だったこと、それは私が中国地方、嫁ぎ先が大阪で距離があったので、やはり打ち合わせ等が大変でした。 何か決めるたびに大阪へ来ての確認となり、何度も行ったり来たりで疲れました。 また、私自身はシンプルな披露宴にしたかったのに、 彼の実家がいろいろこだわる家で、お客様も沢山呼ばなければならなっかったり、引き出物等もギリギリまで揉めたので、そういうことが大変でした。 やはり結婚となると本人同士の取り決めだけではうまくいかないことも多く、いちいち実家にお伺いを立てなければ ならないので誰の結婚なのだろうと思う事もありました。 問題が持ち上がるたびに、ひと悶着あり、結婚式前に疲労困憊でした。 付き合っている時には殆ど両親は介入してこなかったのでわかりませんでしたが、やはりどんな人たちなのか、どんな考えを持っているのか、どこまで口を出してくるのか、よく見極めることが大切だと思いました。 その後のお付き合いもきっとそんな感じなので、 私の場合は失敗しました。 結婚式は感動よりも、やっといろいろな雑事から解放される〜という安堵のほうが大きかったです。

いかにして料金を抑えるか

結婚準備で最も大変だったのは、いかにして料金を抑えるかということでした。私達はホテルで披露宴を行うことにしましたが、結婚準備をしていて意外に驚くことは、言えばどんどん価格が下がっていくことでした。「式場となるホテルに知り合いがいる」「競合他社ではレンタルドレスの価格はこの程度だった」そうした言葉で相手がどこまでも価格を下げていきます。 価格が下がっていくのは嬉しいけれど、同時に、「適正価格っていくらなの?」という疑問も起こります。そうなると、ホテルが提示する全ての価格に疑念が・・・。どうしてもこれは代替がきかないと思ったものはホテルが言う価格でお願いしましたが、持ち込み手数料(こんなシステムも結婚する段階で初めて知りましたが)を支払っても他で頼んだほうが安価で済むものがあります。私達は、お花、カメラマン、お互いの衣装を外注でお願いしましたが、自分たちで安く良いものを提供してくれる所を選ぶのにも一苦労。口コミやインターネット、雑誌等など、あらゆる情報源を駆使して探して行きました。一括でホテルにお願いすれば、こうした苦労も必要ないのでしょうが、披露宴には膨大なお金が掛かるし、新生活を考えれば、抑えられる費用は抑えたい所。本当にこの点では苦労させられました。

短期決戦のパーティーと引越し

結婚の準備でしんどかったこと、結婚式は挙げていません。親戚や親しい友人だけを招いたレストランパーティーだけを行ないました。それも、知り合いのお店だったので、大分融通を利かせてもらい、助かりました。 なので、きちんと式場で結婚式や披露宴を挙げた方の大変さにはかなわないかとは思いますが、それでも招待状の準備や、当日の衣装・ヘアメイク、食事のチョイスや引出物(おみやげ程度ですが)、会費の集金、遠方から来る親戚の宿泊手配などを、全部自分たちで行ないました。当日の司会まで…ですので、当日の夜は取っていたホテルで、二人ともバタンキューでした。 アットホームな会にできたのは、良かったかなと思います。 もう一つ大変だったのは、引越しです。実はでき婚で、大慌てで新居を決めました。貯金もなかったので、公営住宅に申込みました。申込先に職場が近いほうのわたしが、仕事の合間を縫って手続き。畳は上げてあり、敷くところからやりました。板間がボロだったので、フロアクッション敷きを、大きなお腹でわたしがDIY。 パーティーも引越しも、産まれる前に短期決戦でということで、早くはできましたが、しんどかったですね。

最新記事一覧

ブライダルエステについて
一生で一番幸せな日、結婚式。そんな人生の晴れ舞台では完璧で最高の自分を演出したい...

ブライダルエステの種類
ブライダルエステは基本的にウェディングドレスを着た時に露出している部分を中心にト...

ブライダルエステはいつはじめる?
ブライダルエステはいつからはじめなければいけないという決まりがあるわけではありま...

ちょっとお洒落なブライダルエステ
ブライダルエステの中には、フェイシャルやボディのトリートメントと平行してブライダ...

ブライダルエステの予算
人生の中で自分が主役になることができる最も幸せな一日、それが結婚式です。そんな結...

1DAYプランバナー メンズブライダルエステプランバナー 妊娠中のブライダルエステプランバナー